日本自転車競技連盟
  • HOME
  • BMX
  • NEWS
  • 2022年BMXレーシング ワールドカップ第3戦(オランダ)女子U23丹野8位
2022/06/12

2022年BMXレーシング ワールドカップ第3戦(オランダ)女子U23丹野8位

<大会レポート>

スコットランド・グラスゴーにて開催されたBMXレーシング種目のワールドカップ開幕戦から2週間が経ち、本日より第3-4戦がオランダにて始まりました。

今大会会場のパペンダルオリンピックトレーニングセンターは、オランダTeam NLの強化拠点にあたり、BMX種目以外にも様々なスポーツが、ここパペンダルにて強化されています。
本会場では今回で10回目のワールドカップ誘致となり、最多開催数を誇っています。

日本チームは畠山紗英が第2戦の決勝での転倒により足首を骨折し不参加。男子U23の中井飛馬も、前週のヨーロピアンカップでの転倒により、大会参戦を見送る形となった。
男子1名、女子3名にて挑んだ今大会は、丹野の8位入賞がベストリザルトとなりました。。

下記、各クラスの結果レポート

 

Under 23 男子
第1-2戦を大幅に上回る119名が参戦したU23カテゴリー。
日本からは増田優一が参戦し、予選では先頭でレースをリードする場面も見られたが、1/16決勝にて通過まであとひとつ届かず、最終順位48位となった。

<増田優一 コメント>
1/16決勝では通過できる4位を走る場面もあったので、結果に繋げられず悔しい気持ちです。
しかし予選と、1/16決勝でも課題とするライン取りに挑戦することができたので、明日の第4戦でも発揮し、もう一歩上まで勝ち進みたいと思います。

 

<大会結果 男子Under23
優勝:GAROYAN Leo (フランス)
2位:GOBERT Dylan (フランス)
3位:DYHRE Magnus (デンマーク)
48位:増田優一(大阪体育大学)

 

Under 23 女子
こちらも最多参加人数となる41名が18カ国から集まり、空中戦も含む激しいバトルが繰り広げられた。
前回第2戦にて表彰台に登っている丹野夏波と、第1戦にて決勝へ進出した籔田寿衣は予選から同じ組にてスタートした。
予選では籔田が丹野抑えて1位でフィニッシュ、全体の8位で準々決勝へ進んだ。
後続の2番手を走行していた丹野は、全体の11番で予選を通過した。
籔田はその後の準々決勝でのスタートミスが響き敗退、丹野は厳しい場面もあったが、決勝まで勝ち上がることができた。
決勝ではスタートのタイミングあわせ全体の先頭集団に入るも、最終コーナーにて抜かれてしまい、そのまま行き場を失う形となり8位でレースを終えた。

写真:#505 丹野、 #506 籔田

 

<丹野夏波 コメント>
昨日の公式練習から危ない場面がありましたが、前回に続き決勝へ進出できたことは収穫となりました。
しかし、表彰台、そして優勝を狙う強い気持ちが欠けていたので、明日はより積極的な走りでさらに上を狙っていきたいと思います。

 

<大会結果 女子Under23
優勝:BURFORD Thalya (スイス)
2位:SØRENSEN Malene(デンマーク)
3位:SIMPSON Molly(カナダ)
8位:丹野夏波(早稲田大学)
17位:籔田寿衣(大阪体育大学)
37位:西村寧々花(GAN Trigger)

 

Text : 三瓶将廣(ヘッドコーチ)

 

<大会決勝映像 ライブ録画>

 

派遣選手団情報

派遣大会:2022年UCI BMXレーシングワールドカップ第3-4戦 オランダ・アーネム大会
大会期間:2022年5月27日(金)~ 5月29日(日)
開催場所:オランダ・アーネム パペンダルオリンピックセンター BMXトラック

<選手>
男子U23
中井 飛馬 (新潟 日本体育大学)
増田 優一(大阪 大阪体育大学)

女子U23
丹野 夏波(神奈川 早稲田大学)
籔田 寿衣(大阪 大阪体育大学
西村 寧々花(大阪 Gan Trigger)

<スタッフ>
三瓶 将廣(ヘッドコーチ)
吉村 樹希敢(コーチ)
三瓶 貴公(メカニック)
宮﨑 大地(情報科学スタッフ)