Auto Giappone da Zhuan League Athletic
  • HOME
  • ROAD
  • NOTIZIE
  • The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Women’s Tour of Thailand 2019 stage2
2019/04/10

The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Women’s Tour of Thailand 2019 stage2

Stage2はチェンマイをスタートして南下して再びチェンマイに戻ってくる67kmの短いコースであり、非常に速い展開になることが予想された。
スタートしてすぐに見通しの悪い片側1車線の道でアタックがかかり続ける。21km地点のこの日唯一のスプリントポイントを梶原が3位通過して1秒稼ぐが、個人総合リーダーのJUTATIP Maneephanが1位通過し個人総合のタイム差は5秒に広がる。スプリントポイントのあとに警戒していたZABELINSKAYA Olgaがペースをあげ、コーナーで車間があいた後も攻め続けて2名で抜け出す。その後先頭を牽けない選手を切り捨てZABELINSKAYA Olgaが力技で独走を開始する。ZABELINSKAYAの逃げは非常に危険ではあるが独走になったということで集団のスピードを落とす場面だけを作らないよう日本チームで回し始め、Kazakistan、ウクライナ、ロシアらと集団を引っ張る。ZABELINSKAYA は15kmほど独走をしたが集団に吸収される。その後はロシアを中心にスプリンターのいないチームによるアタックが続くが、大きなタイム差は付かず集団スプリントの展開となる。
ラスト1.2km地点の最終コーナーを曲がり緩く登ってゴールとなるが、最終コーナーで梶原が後続選手に突っ込まれ、ホイール、フレームが破損し変速が効かない状態となってしまいスプリントに絡めなかった。、ラスト500mから先頭に出たWorld Cycling CenterのCAMPBELL Teniel が力勝負のスプリントを制して昨日のボーナスタイムも加え個人総合で2位まで上がった。個人総合リーダーのJUTATIP Maneephanとは5秒差、そしてCAMPBELL Tenielとは2秒差の個人総合3位で梶原は最終ステージを迎える。

Stage2は日本チームにとっては昨日同様課題が多い1日となった。ただ個人総合リーダーのJUTATIPもステージ5位であったためゴールのボーナスタイムを獲得できなかったため、梶原が個人総合では差を広げられなかったのはまだ運があった。この日のような集団が速くアタックが続くレースでは集団前方にチームでまとまらなければ対応を続けるアシスト選手の負担が大きくなってしまい、早い段階でチーム力を大きく失うこととなる。最終ステージとなるstage3ではチーム全員の力を結集して役割に応じで分担して梶原を温存し、スプリントポイント、そしてゴールでのボーナスタイム獲得によりチームで梶原の個人総合優勝を狙う。

Stage2 結果
1 CAMPBELL Teniel (WCC TEAM) 1時間30分19秒
2 REUSSER Marlen(WCC) Contemporaneamente
3 NGUYEN Thi Thi(ベトナムナショナルチーム)Contemporaneamente
14梶原悠未 同タイム
46牧瀬翼 同タイム
47唐見実世子 同タイム
48 上野みなみ 同タイム
58 石上夢乃 6分24秒差

個人総合成績 stage2
1 JUTATIP Maneephan(タイ)3時間48分56秒
2 CAMPBELL Teniel (WCC TEAM)3Parsec
3 梶原悠未 5秒差
41上野みなみ 17秒差
47唐見実世子 同タイム
48牧瀬翼  同タイム
63 石上夢乃 6分41秒差        

JCF強化コーチ 柿木孝之