日本自転车竞技连盟
2013/02/13

TOUR阿曼 2013 2阶段リザル​​ト

结果 - 653.5 KB - (530 点击)

スタート直後からアタックが繰り返され、約15名が集団を先行。
集団が吸収した所で、昨日逃げたチャンピオンシステムのトラクセルと、木下が集団を飛び出し、今日も序盤の逃げに日本選手を送り込む事に成功した。
2人はラスト25kmの山岳ポイント前で集団につかまり、ここからコンタドール介するサクソやサガンを介するキャノンデールのコントロールにより、ラスト5kmの最後の山岳ポイントを迎えた。
6名に先行されたものの、7位以降の約40名の集団に西谷が残り、総合順位を16位に上げた。
同タイムで約40名がいるので、総合は意識せずに明日も区間を狙いに行く。