メインメニュー

ジュニアネイションズカップ ツールドラビティビ 第4ステージ レポート

2015 年 7 月 25 日

第4ステージ後の小野と沢田第4ステージはMalarticをスタートして1周20kmの周回を2周してMalarticに戻る51.5kmで争われた。このステージは距離も短く、個人総合成績を考えても集団ゴールが予想されるので、ゴール前は小野、渡辺、沢田の連携でステージ優勝を狙う。
レースが始まると個人総合1,2位を擁するアメリカが昨日までのように集団をコントロールするのではなく攻撃を開始したため、非常に高速な展開でレースが進んでいく。大きな逃げが許されない中、2周目に入るとアメリカ、石上、フランスの3名が抜け出す。3名は協調体制が出来るが、集団も逃さずタイム差を大きく広げることは出来ない。ラスト10kmあたりで落車が起こり、石上、沢田が巻き込まれる。沢田は大きく曲がったままのブレーキブラケットで集団に復帰したが、ひどく落車した石上は集団復帰ならず、個人総合成績でのネイションズポイント獲得圏から落ちてしまった。
ゴール前は小野、渡辺、沢田の隊列は崩れ、小野、沢田が別々にスプリントをする形になってしまった。沢田は集団の後方からスプリントを開始したため、7位にとどまった。小野が6位に入り、ネイションズポイントを1ポイント獲得した。
チームの連携が取れなければ、集団スプリントでは上位には入れない。明日のステージからはより連携、コミュニケーションをしっかりしてチームでスプリントの際には戦っていく。(JCF強化コーチ柿木孝之)

第4ステージ結果
1 BLEVINS CHRISTOPHER(アメリカ)1時間3分
2 COTE PIER-ANDRE(ケベック)同タイム
3 MCNULTY BRANDON(アメリカ)同タイム
6小野康太郎(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)同タイム
7沢田桂太郎(東北高等学校)同タイム
29渡辺  歩(学法石川高等学校)同タイム
71大町 健斗(安芸府中高等学校)9秒差
114石上優大(横浜高等学校)2分58秒差

第4ステージ後 個人総合成績
1 MCNULTY BRANDON(アメリカ)6時間6分30秒
2 COSTA ADRIEN(アメリカ)17秒差
3 COTE PIER-ANDRE(ケベック)55秒差
22渡辺  歩(学法石川高等学校)2分29秒差
24沢田桂太郎(東北高等学校)2分41秒差 
33小野康太郎(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)3分45秒差
48石上 優大(横浜高等学校)4分52秒差
87大町 健斗(安芸府中高等学校)8分41秒差

カテゴリー: 新着情報 タグ: