メインメニュー

Mitchelton Bay Cycling Classic第2ステージ<レポート>

2017 年 1 月 3 日

第2ステージ
第2ステージは250mの登りを含む1.3kmの周回コースで、昨日とは異なる選手が上位にくることが予想された。スタート後数分でOricaの選手5名を含む9名の逃げが決まる。ここに昨日のステージでは調子の悪かった上野が入り周回を重ねる。メイン集団ではこの動きで橋本が遅れる。第2グループと距離が開いたところで先頭集団からOricaの選手がアタックを決めて独走する。上野のグループは個人総合リーダーのValentina Scandolaraを含むがOricaが追撃を許さずタイム差は1分以上開く。
30分あたりで梶原、吉川、古山を含む第2集団がスピードの落ちた第1集団に合流する。そこから2位をかけたアタックがかかり、古山、そして吉川が後続に取り残される。上野は前を逃さず追走にも積極的に入り、梶原も集団前方を外さない。ラスト2周では再び上野がValentina Scandolara、Annemiek Van Vleutenら力のある選手と4名で抜け出したがラスト周回前に捕まる。ラスト周回で再び上野が抜け出したが逃げ切れず2位争いはスプリントとなる。梶原が集団の4番手の5位、上野が8位でゴールした。強い風が吹く中で上野が常に先頭集団に入り、良い動きを見せた。梶原が個人総合で6位につけ、明日の最終ステージでは日本チームでのステージ優勝、梶原の個人総合3位以内を狙う。(柿木 孝之)

1 Amanda Spratt Orica-Scott
2 Jenelle Crooks Orica-Scott
3 Annemiek Van Vleuten Orica-Scott
5 梶原悠未
8 上野みなみ
14 吉川美穂
古山稀絵 リタイア
橋本優弥 リタイア

カテゴリー: 新着情報 タグ: