メインメニュー

2017Tour du Pays du Vaud<レポート>

2017 年 5 月 28 日

2017 Tour du Pays du Vaud stage1
Stage1は2.2km、1.5kmと短いながらも勾配のある登り区間が中盤までに2か所あり、ラスト20kmには5.7kmの登りが控える。平坦区間が少なくアップダウンを繰り返す厳しい118kmのコースで争われた。この日は総合4位の松田が繰り上がりで山岳ジャージを着用してスタートすることとなった。
レース前半から集団内は緊張した状況で進み、道が狭くなるロータリーなどで小さな落車が頻発する。スタート直後に成海が落車に引っかかる。最初の登り区間では集団前方で落車が起こり、松田も転びはしなかったものの足止めされる。エースの松田を依田が待ってアシストして大きく分断された集団まで戻す。その後松田は同じく遅れた個人総合リーダーのロシアの選手を引き連れ先頭集団復帰を果たす。集団からはドイツのLeon HenschkeとノルウェーのタイムトライアルのスペシャリストのAndreas Leknessundの2名が集団を抜け出す。集団もアタック合戦になるが2人の逃げを容認してロシアが緩くコントロールする形でレースは進む。後半のアップダウン区間では風の影響もあり60名ほどの集団が4つに分断するが松田は先頭グループに残り最後の登りに備える。最後の登りでは個人総合リーダーが遅れたためペースが上がる中で松田はベルギーの選手とともにアタックして山頂を集団の先頭で通過する。そのまま下り区間でベルギー選手と集団からタイム差をつけたかったがきつい下り右コーナーで落車してしまう。すぐに復帰し集団に戻った後も活性化した集団の前で自ら動いていく。
この日はレース中盤から抜け出した先頭の2名から最後の山岳でAndreas Leknessundが独走を開始し、メイン集団に1分39秒差をつけて優勝した。松田は最後の集団スプリントには絡めなかったが個人総合4位を守った。

Stage1結果
1 Andreas Leknessund(ノルウェー)2時間59分21秒
2 Luca Rastelli(イタリア) 1分29秒差
3 Ponsaerts Thibaut(ベルギー)1分33秒差
42 松田祥位 1分39秒差
80 依田翔太 12分50秒差
84 蠣崎優仁 同タイム
85 小野寺慶 同タイム
佐藤健 リタイア
成海大聖 リタイア

個人総合成績
1 Andreas Leknessund(ノルウェー)3時間3分59秒
2 Nonnez Theo(フランス) 1分37秒差
3 Thibaut Ponsaerts (ベルギー)1分38秒差
4 松田祥位 1分39秒差
84 蠣崎優仁 13分2秒差
86 依田翔太 13分3秒差
85 小野寺慶 13分31秒差

2017 Tour du Pays du Vaud stage2-1 stage2-2
Stage2は午前65.7km、午後22,2kmのショートコースで争われた。午前は中盤に勾配のきつい8kmの登りを超え、ラスト10kmは5%ほどの勾配が続く登りゴールで、午後は前半から登り基調のアップダウンをこなしてラスト10kmは午前中と同じ登りをこなす。
日本チームのエースの松田は昨日の落車で軽い脳震盪のためこの日はスタートをしなかった。個人総合4位で最も得意とする長い登りのあるこのステージを勝負の日として臨んできたが走れないことに悔しさをみせた。
午前のレースではスタートしてすぐにノルウェーのコントロールで進む。フランス、カザフスタンが逃げを試みるが長くは許されない。最初の8kmの登りで依田、小野寺が遅れる。登り口をノルウェーの後ろで入った蠣崎は長い登りを耐えて集団に残る。しかしタイミング悪く下りで前輪がパンクしてしまう。集団復帰を目指すが、登りで遅れた選手が多くいたためチームカーの隊列も使えずメイン集団に戻れなかった。集団は24名でのスプリントとなりベルギーのThibaut Ponsaertsが優勝した。
午後は短いレースのため高速のレースになることが予想された。スタートしてすぐに登りが始まるが蠣崎が8名ほどの逃げに入る。集団はペースが落ちることなくノルウェーのコントロールで逃げは長くは許されない。集団は伸びた形で登りに入り、依田、小野寺、そして蠣崎も遅れた。午後も30名でのスプリントとなり、プロローグを制したロシアのDmitry Mukhomediarovが優勝した。

Stage2-1結果
1 Thibaut Ponsaerts(ベルギー)1時間41分10秒
2 Andreas Leknessund(ノルウェー)同タイム
3 Mauri Vansevenant(ベルギー)同タイム
84 蠣崎優仁 8分43秒差
92 依田翔太 17分15秒差
95 小野寺慶 19分47秒差

Stage2-2結果
1 Dmitry Mukhomediarov(ロシア)38分59秒
2 Mauri Vansevenant ベルギー)同タイム
3 Alexandre Balmer (スイス) 同タイム
75 蠣崎優仁 3分23秒差
77 依田翔太 4分5秒差
83 小野寺慶 5分53秒差

Stag2終了後の個人総合成績
1 Andreas Leknessund(ノルウェー)5時間24分8秒
2 Theo Nonnez(フランス) 1秒37差
3 Leon Heinschke(ドイツ)1分40秒差
84 蠣崎優仁 25分8秒差
86 依田翔太 34分23秒差
96 小野寺慶 39分11秒差

カテゴリー: 新着情報 タグ: