メインメニュー

VUELTA A VALENCIA レポート<第3ステージ>

2017 年 9 月 11 日

第3ステージは標高差のある大きな周回を4周する準山岳ステージ。下りは道幅が広く登りは勾配が緩いため流れるようにレースは進む。展開は序盤から山岳賞雨澤を含む逃げグループが展開するが、集団もスピードを緩めずハイペースで進む。後半に逃げは吸収されレースは長く伸びた大きな集団のまま進み、周回を外れる引き込み線のような20%を越える急勾配ゴールへ差し掛かる。日本チームは岡、横山、石上と好位置で登りスプリントの入り口に入り、2位5,11位と上位でゴールし第1ステージに続くチーム賞を獲得した。前半から積極的に動いた雨澤は今日で山岳賞を決め、今日も守った渡辺のスプリント賞は明日の最終ステージで決着がつく。今日ステージ2位でゴールした岡は個人総合ポイント賞でも個人総合リーダーに次ぐ2位に浮上し、明日の順位次第ではポイントリーダーの可能性も出てきた。明日はフラットでテクニカルな最終ステージ。逃げでもゴールスプリントでも持ち味を生かしステージ上位を狙う。(浅田 顕)

第3ステージ NAQUERA – NAQUERA  115Km
レース結果
ステージ成績

1 GARCIA Francisco(スペイン/GSPORT-VALENCIA ESPORTS) 2h37m15s
2 岡 篤志+2s
3 FRA SYLVESTRE, Yolan(フランス) +2s
…5横山航太+2s、11石上優大+2s、44雨澤毅明+25s、45新城雄大+25s、59小野寺玲+41s、82渡辺歩+1m59s

ステージチーム成績
1 JAPAN U23

個人総合成績
1 GRIGOREV, Aleksandr(ロシア/MUTUA LEVANTE-GINESTAR)6h32m17s
…8雨澤毅明+30 s、18石上優大+2m15s、25新城雄大+2m49s

個人総合山岳賞
雨澤毅明


個人総合スプリント賞

渡辺 歩

カテゴリー: 新着情報 タグ: