日本自転車競技連盟
  • HOME
  • ROAD
  • NEWS
  • The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Tour of Thailand 2018 stage1
2018/04/09

The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Tour of Thailand 2018 stage1

4月8日からエリート女子The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Tour of Thailand 2018UCI2.1)が始まった。タイ北部の都市コーンケーンの周辺のほぼ平坦コースで3つのステージで争われる。日本チームは梶原悠未をエースとして上野みなみ、唐見美世子、吉川美穂、金子広美の5名で臨む。

初日のstage120kmTTT40kmのロードレースの2つのハーフステージで争われた。今大会は個人総合で上位に入るためには初日のTTTが最重要で、梶原、上野、唐見を中心にタイムを稼いでいきたい。
午前中に行なわれたTTTは片道10kmの平坦の単調なコースであるが、行きは追い風と横追い風で、帰りは向かい風と斜め前からの横風区間となりペース配分も重要となる。TTバイクの使用は許されず、各チームノーマルバイクでのTTTとなった。スタートして上野、梶原が中心となりきつい区間を長めに牽いてペースを保つ。風向きによりローテーションが乱れる時もあったが、チームとして各選手最善を尽くし5名全員でゴールした。

ステージ優勝はロシアナショナルチームで、リオオリンピックでも個人TT2位に入っているOlga ZABELINSKAYAが強力にチームを引っ張り2位のHI-TECH PRODUCTS123秒差をつけて圧勝した。ロシアナショナルチームの平均スピードはノーマルバイクで46.872km/h、日本チームは3位のWOLRD CYCLING CENTER4秒遅れの4位で平均スピードは43.306km/hであった。

Stage1-1 結果 午前  TTT 20km

ロシアナショナルチーム  253610

2 HITEC PRODUCTS  12302遅れ

WOLRD CYCLING CENTER 2197遅れ

日本ナショナルチーム 2648遅れ

Stage1-2  午後40km

午後のハーフステージは平坦基調のコースで距離も短く、リーダーチームのロシアは集団スプリントでボーナスタイムを奪われても個人総合は安泰であり、また多くのチームがスプリンターを抱えているため集団スプリントとなることが予想された。日本チームは梶原のスプリントでステージ優勝を狙った。

レースはスタートしてから後半までリーダーチームのロシアがコントロールして進む。日本チームはラスト3kmからの道が狭くそして粗くなる区間でも個々の選手が集団前方をキープしたが、チームとしてうまくまとまることが出来ない。梶原は向かい風で道の悪いラスト300mから2018アジアロードチャンピオンのThi That NGUYENとともに早掛けしたが、ゴール前で梶原の番手をキープしていたタイのエーススプリンターJutatip MANEEPHANが抜け出し優勝。梶原はラスト100mで失速して6位となった。吉川がこの日敢闘賞を獲得しステージ5位となった。

日本チームは各選手が集団の前に位置することは出来たが、この日は勝負所となるレース後半のスプリントの準備段階ではまだチームとしてまとまりきることが出来なかった。明日からのステージでは修正して、チームで連携をとって梶原のステージ優勝を狙う。

Stage1-2   40km

 1 Jutatip MANEEPHAN(タイナショナルチーム)5637

2 Daniela GASS(MAASLANDSTER INTERNATIONAL WOMENS)同タイム

3 Nina KESSLER(HITEC PRODUCTS)同タイム

吉川美穂 同タイム

梶原悠未 同タイム

19 唐見美世子 同タイム

25 上野みなみ 同タイム

43 金子広美 同タイム

  

Stage1 個人総合成績

1 Olga ZABELINSKAYA(ロシアナショナルチーム) 1時間2213

2 Gulnaz BADYKOVA(ロシアナショナルチーム) 同タイム

3 Karina KASENOVA (ロシアナショナルチーム)同タイム

13 吉川美穂 26秒差

14 梶原悠未  同タイム

15 唐見美世子 同タイム

16 上野みなみ 同タイム

17 金子広美 同タイム

 

JCF強化コーチ 柿木孝之