日本自転車競技連盟

新着情報

2018年UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS派遣選手団

10月 15th, 2018

大 会 名:2018年UCI URBAN CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS開催期間:平成30年11月5日(月)‐11日(日)
開催場所:中華人民共和国 / 成都
実施競技:BMXフリースタイル・パーク、MTBクロスカントリー・エリミネーター

【フリースタイル・パーク】
監督
出口 智嗣(強化支援スタッフ)
メカ
中村 辰司(強化支援スタッフ)
マッサー
判冶 由弘(強化支援スタッフ)

選手
中村 輪夢(京 都・ウイングアーク1st)
高木 聖雄(愛 知・JFBF)
西  昂世(三 重・JFBF)
大霜 優馬(神奈川)
大池 水杜(岡山)

【クロスカントリー・エリミネーター】
監督
山田  智(強化支援スタッフ)

選手
澤木 紀雄(東 京・acu-power Raching Team)
中村 龍吉(福 島・学校法人石川高等学校)

Categories: 新着情報 Tags: ,

Coupe du Japon 十種ヶ峰国際 UCI DHI Class 1 Asia Mountain Bike Series 10月7日速報

10月 7th, 2018
台風の影響で10月6日の予定がキャンセルになったダウンヒル競技が10月7日(日曜日)山口県山口市十種ヶ峰MTBパークにて行われた。
主な競技結果は以下の通り

ダウンヒル競技
男子エリート
1 清水 一輝 愛知県 JPN LIFE,,,machinestore 2:49.998
2 CHIANG Sheng Shan TPE Chinese Taipei Cycling Association 2:51.369
3 井本 はじめ 兵庫県 JPN Sram/Santacruz 2:52.955
女子エリート:
1 中川 弘佳 大阪府 Lovespo.com 3:52.462
2 吉川 千香子 愛知県 重力技研/DKMC 3:53.520
3 富田 敬子 奈良県 Acciarpone racing 4:03.310
男子マスターズ
1 竹本 将史 大阪府 JPN TRIPCYCLE GLOBAL RACING 3:16.259
2 望月 克彦 静岡県 JPN MARSH/Body Architect 3:17.943
3 大野 良平 岐阜県 JPN KYB含み損 3:18192
男子ユース
1 古城 栄翔 広島県 COMMENCAL 3:13.027
2 羽口 鉄馬 京都府 アールズサイクル 3:16.144
3 齋木 司  新潟県 重力技研/八海山麓MTBパーク 3:17.741
男子アドバンス
1 志賀 孝治 山口県 VAN-QUISH 3:22.446
2 守井 晴信 岡山県 TEAM DACHS-HUND 3:29.433
3 内富 哲男 山口県 VAN-QUISH 3:33.035
男子チャレンジ
1 千同 慎也 広島県 アドヴァンス/P.G 3:25.136
2 青木 暢大 静岡県 TEAM NARO 3:43.368
3 谷口 雄己 山口県 VAN-QUISH 4:00.866
女子チャレンジ
1 仲上 和花 京都府 ThinkRacingTeam 6:30.965

テクニカルデータ
コース長 1.81km スタート標高 960m フィニッシュ標高 683m
大会名: Coupe du Japon 十種ヶ峰国際  UCI DHI Class 1 Asia Mountain Bike Series
開催日: 2018/10/6,7
カテゴリー:MTB DHI
開催地:  山口県山口市十種ヶ峰MTBパーク
DHI_Tokusagamine_181007 - 188.75 kB - (54 hits)
Categories: 新着情報 Tags:

2019マウンテンバイクカレンダー暫定版

10月 3rd, 2018

2019マウンテンバイク カレンダー 暫定版

04/20-21 Coupe du Japon くまもと吉無田 XCO 熊本県御船町 CJ-1 XC#1
05/04-05 Coupe du Japon びわ湖高島Stage XCO 滋賀県高島市 CJ-1 XC#2
05/25-26 Coupe du Japon やわたはま国際 XCO 愛媛県八幡浜市 CJ-UCI
HC AsianSeries+UCI JuniorSeries
06/08-09 Coupe du Japon 前橋 群馬県前橋市 CJ-2
06/22-23 Coupe du Japon 妙高杉ノ原Stage XCO 新潟県妙高市 CJ-2
06/29-30 Coupe du Japon 富士見国際 XCO/DHI 長野県富士見町 CJ-UCI C3 +
UCI JuniorSeries XC#4 DH#1
07/20-21 第32回全日本選手権大会 XCO / DHI / XCE  UCI
CN 秋田県仙北市 田沢湖
08/03-04
JOCジュニアオリンピックカップ/全国ユース選抜 長野県白馬村 CJ-2
08/10-11 Coupe du Japon 白馬国際 XCO 長野県白馬村 CJ-UCI C3 XC#5
09/14-15 Coupe du Japon ウイングヒルズ白鳥 DHI DH#2
09/21-23 Coupe du Japon 国際妙高杉ノ原Stage XCO/DHI 新潟県妙高市
CJ-U C3 XC#6  DH#3 
09/28-29 Coupe du Japon 深坂国際 XCO  山口県下関市 CJ-UCI C3
XC#7
10/26-27 Coupe du Japon やまぐち十種ヶ峰国際 DHI 山口県山口市 CJ-UCI
C1 AsianSeries DH#4
11/09-10 Coupe du Japon  京都ゆぶねStage  XCO  京都府和束町 CJ-1
XC#8

*10/26-27 やまぐち十種ヶ峰国際、11/09-10京都ゆぶねStage にてCoupe du
Japon年間ランキングによる表彰を行います。

UCIカレンダーより
04/27-28 UCI ワールド・カップ – DHI Maribor  スロベキア
05/18-19 UCI ワールド・カップ – XCO/XCC Albstadt  ドイツ
05/25-26 UCI ワールド・カップ – XCO/XCC Nove Mest na Morave  チェコ
TBC アジア・マウンテンバイク選手権大会 レバノン 
07/06-07 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI Vallnord – Pal
Arinsal アンドラ
07/13-14 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI Les Gets フランス
08/01-02 UCI マウンテンバイク4Cross世界選手権大会  Val Di
Sole イタリア
08/03-04 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI Val di
Sole  イタリア
09/07-08 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI
Lenzerheide   スイス
08/21-23 UCI
マウンテンバイク・マスターズ世界選手権大会 Mont-Saint_Anne カナダ
08/31-09/01 UCI マウンテンバイク世界選手権大会  Mont-Saint_Anne カナダ
09/07-08 UCI ワールド・カップ – XCO / XCC / DHI Snow
Shoe  アメリカ
09/21-22 UCI マラソン世界選手権大会 Grachen スイス
10/05-06 東京2020テストイベント/マウンテンバイク  静岡県伊豆市
TBC UCI アーバンサイクル世界選手権大会  XCE

2020
06/26-28 UCI マウンテンバイク世界選手権大会 – XCO / XCR Albstadt
 ドイツ
07/24-08 / 09 第32回オリンピック競技大会  日本
09/05-06 UCI マウンテンバイク世界選手権大会 – DHI
Leogang  オーストリア
09/10-11 UCI マウンテンバイク世界選手権大会 – 4Cross Val Di Sole
09/26-27 UCI マウンテンバイク・マラソン世界選手権大会 – XCM
Sakarya  トルコ

予定は予告なく変更される場合があります   20181002

2019cal_mtb20181002 - 95.12 kB - (129 hits)

Categories: 新着情報 Tags:

2019マウンテンバイク・クラス登録基準について

10月 3rd, 2018

大変遅れましたが、標記の通り2019マウンテンバイククラス登録基準を公示いたします。

Coupe du Japon
2019 Technical Guide “General”抜粋

18.    各クラス登録資格設定

これら各クラス毎に設定されている基準を満たしたものが、それらの各クラスに登録が可能で
ある。

共通基準
1)
UCI規定14才以上の年令(当該年12月31日現在14才以上)の公益財団法人日本自転車競技連盟

競技登録者(通年)であり、JCFマウンテンバイク・チーム登録手続きを済ませた競技者。
2)ここでいうナショナル・ランキングとは、毎年1月1日より12月31日までの期間に

於いて、JCFランキング制度に基づく該当大会ポイント集計によるものである。
3)日本登録以外のUCI加盟国連盟の競技登録者については小委員会選定による。
4)本資格設定におけるナショナル・ランキングについては国内登録者を対象とする。そのために
海外臨時登録者などはこの基準に含まず、繰り上げが行われる。

●エンデュランス(クロスカントリー)
男子エリート(19才以上−U23含む 2000年以前生まれ)
1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子エリート1位-50位までの競技者。
−男子アドバンスよりの男子エリートへの既途中特別昇格者。
−男子ジュニア1-10位までの年令対象者(19才)。
−男子マスターズ1-5位までの競技者。(マスターズを選択しない場合)
−男子アドバンス1-10位までの年令対象者(19才)。
2)
UCI個人ランキング(クロスカントリー・エリートおよびジュニア)保持者
3)    UCI登録チーム所属の競技者
4)    小委員会特別推薦者
*    全日本選手権大会ではU23・クラスを別開催
*    年度途中でのマスターズ、エリート間のクラス変更は不可

男子ジュニア(17-18才 2001年−2002年生まれ)
1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者。
−男子ジュニアポイント獲得者

−男子ユースポイント獲得者で年令対象者(この者はチャレンジを選択可能)
-男子アドバンスポイント獲得者で年令対象者
-男子チャレンジポイント獲得者で年令対象者
2)    UCI個人ランキング(クロスカントリー・ジュニア)保持者

男子マスターズ(30才以上 1989年以前生まれで、このクラスを選択した競技者)
1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子マスターズポイント獲得者
−男子エリートポイント獲得者で年令対象者
−男子アドバンスポイント獲得者で年令対象者
2)    2018年アドバンスよりの既途中特別昇格者
3)    2018年男子マスターズ登録者
4)    小委員会特別推薦者

年度途中でのエリートへのクラス変更は不可。UCI登録チーム所属の競技者はこのクラスに参
加できない

男子マスターズ40、50、60(1979年以前生まれでこのクラスを選択した競技者)

1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子マスターズポイント獲得者
−男子エリートポイント獲得者で年令対象者
−男子アドバンスポイント獲得者で年令対象者
-男子チャレンジポイント獲得者で年令対象者
2)    2018年アドバンスよりの既途中特別昇格者
3)    2018年男子マスターズ登録者
4)    小委員会特別推薦者

年度途中でのエリートへのクラス変更は不可。UCI登録チーム所属の競技者はこのクラスに参
加できない

男子ユース(14-16才 2003年ー2005年生まれ)
*    共通基準のみ

男子アドバンス(17才以上 2002年以前生まれ)
1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
ー男子アドバンスポイント獲得者
-男子チャレンジ1-20位までの競技者
2)    2018年男子チャレンジよりの既途中特別昇格者
3)    2018年男子エリート,マスターズの登録者で当該年度基準に該当しない者
4)    小委員会特別推薦者

男子チャレンジ(17才以上 2002年以前生まれ)
1)    2018年度男子アドバンスポイント未獲得者。およびチャレンジ登録者
2)    他のクラス基準に該当しない者
3)新規登録者

女子エリート(19才以上−U23含む 2000年以前生まれ)
1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
ー女子エリート、マスターズ、ジュニア、チャレンジ、ポイント獲得者
2)    UCIランキング(クロスカントリー)保持者
3)    UCI登録チーム所属の競技者
4)    小委員会特別推薦者
*    全日本選手権大会ではU23・クラスを別開催する場合がある
*    年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可。

女子ジュニア(17-18才 2001年−2002年生まれ)
*    共通基準のみ

女子マスターズ(30才以上 1989年以前生まれ、このクラスを選択した競技者)
1)    2018年女子エリート、マスターズ登録者で年令対象者
2)    2018年ナショナル・ランキング、ポイント獲得者
3)    小委員会特別推薦者

年度途中でのエリートへのクラス変更は不可。UCI登録チーム所属の競技者はこのクラスに参
加できない

女子ユース(14-16才 2003年ー2005年生まれ)
*    共通基準のみ

女子チャレンジ(17才以上 2002年以前生まれ)
1)    2018年女子チャレンジ登録者
2)    他のクラス基準に該当しない者
3)    2018年度新規登録者


各ランキング参照に於いては年齢クラスに関係なく総合の順位が基準となる。
*    UCI登録チーム所属の競技者はエリートとなる。

特別昇格は別途、昇格手続きを行う必要があります。(2018年最終大会(CJ-1)での資格取得
者含む)

●グラビィティ(ダウンヒル)
男子エリート(ジュニア含む 17才以上 2002年以前生まれ)
1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子エリート1位-40位まで
−男子アドバンスよりの男子エリートへの既途中特別昇格者
−男子マスターズ1-5位まで。(マスターズ選択可能)
−男子ユース1-5位までの年令対象者(17才以上)。
−男子アドバンス1-10位まで。
2)    UCIランキング(ダウンヒル)保持者
3)    UCI登録チーム所属の競技者
4)    小委員会特別推薦者
*    年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可
*    全日本選手権においてもジュニア・エリート統合で行う

男子マスターズ(30才以上 1989年以前生まれ、このクラスを選択した競技者)
1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子マスターズポイント獲得者
−男子エリートポイント獲得者でこのクラスに参加資格がある者
−男子アドバンスポイント獲得者でこのクラスに参加資格がある者
−男子チャレンジポイント獲得者でこのクラスに参加資格がある者
2)    2018年アドバンスよりの既途中特別昇格者
3)    2018年男子マスターズ登録者、エリート登録者で年令対象者。
4)    小委員会特別推薦者
*    年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可

男子マスターズ40、50、60(1979年以前生まれで、このクラスを選択した競技者)

1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
−男子マスターズポイント獲得者
−男子エリートポイント獲得者
−男子アドバンスポイント獲得者
−男子チャレンジポイント獲得者
2)    2018年アドバンスよりの既途中特別昇格者
3)    2018年男子マスターズ登録者、エリート登録者で年令対象者。
4)    小委員会特別推薦者
*    年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可

男子ユース(14-16才 2005年ー2003年生まれ)
*    共通基準のみ

男子アドバンス(17才以上 2002年以前生まれ)
1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
ー男子アドバンスポイント獲得者
-男子チャレンジ1-10位まで
2)    2018年男子チャレンジよりの既途中特別昇格者。
3)    次のクラス基準に該当しない者(男子エリート,マスターズ)
4)    小委員会特別推薦者

男子チャレンジ(17才以上 2002年以前生まれ)
1)    2018年度男子アドバンスポイント未獲得者。およびチャレンジ登録者
2)    他のクラス基準に該当しない者
3)2018年度新規登録者

女子エリート (ジュニア含む 17才以上 2002年以前生まれ)
1)    2018年ナショナル・ランキングによる資格者
ー女子エリート、マスターズ、ジュニア、チャレンジ、ポイント獲得者
2)    UCIランキング(ダウンヒル)保持者
3)    小委員会特別推薦者
*    年度途中でのマスターズ、エリートの相互クラス変更は不可

女子マスターズ (30才以上 1989年以前生まれ)
1)    2018年女子エリート、マスターズ登録者
2)    2018年ナショナル・ランキングー女子チャレンジ、ポイント獲得者
3)    小委員会特別推薦者

女子ユース(14-16才 2005年ー2003年生まれ)
*    共通基準のみ

女子チャレンジ(17才以上 2002年以前生まれ)
1)    2018年度女子チャレンジ登録者
2)    他のクラス基準に該当しない者
3)    2018年度新規登録者


各ランキング参照に於いては年齢クラスに関係なく総合の順位が基準となる。
*    UCI登録チーム所属の競技者はエリートとなる。

特別昇格は別途、昇格手続きを行う必要があります。(2018年最終大会(CJ-1)での資格取得
者含む)

2019class_mtb20181002 - 160.67 kB - (30 hits)

Categories: 新着情報 Tags:

【ご連絡】大会中止について/Coupe du Japon 深坂クロスカントリー

9月 30th, 2018

【ご連絡】大会中止について
クロスカントリーレースin深坂自然の森/Coupe du Japon 深坂クロスカントリー

本大会の開催に向けて準備を行ってまいりましたか、開催地において警報が発令されましたため誠に残念ではございますが全てのプログラムを中止とさせていただきます。

参加者の皆様には大変残念な結果となりましたが、競技中の安全とご移動のことを鑑みますと主催者としては苦汁の決断ではございますが中止とさせていただきました。

参加者の皆様におかれましては申し訳ありませんがご理解いただけますようお願い申し上げます。
お帰りの際におかれましても十分ご注意されてご帰宅していただきますようお願い申し上げます。

大会主催者
クロスカントリーレースin深坂自然の森実行委員会

Categories: 新着情報 Tags:

Coupe du Japon 京都ゆぶね Stage CJ-2クロスカントリー結果

9月 25th, 2018

京都府の和束町にてクロスカントリー競技が9月23日(日曜日)行われた。
主な競技結果は以下の通り

男子エリート
1 小野寺 健 滋賀県 drawer THE RACING 46:36.90
2 大渕 宏紀 大阪府 DECOJA RCING TEAM 48:14.21
3 萬谷 和也 山口県 FUJIMOTO FARM 48:44.11
女子エリート
1 平田 千枝 奈良県 Club La.sista Offroad Team 49:19.97
2 加納 尚子 三重県 京都岩井商会レーシング 54:55.13
男子ジュニア
1 山口 創平 滋賀県 ProRide 47:08.44
男子マスターズ
1 岡部 智仁 神奈川県 OrangeMania 39:44.63
2 原田 耕太 岐阜県 KYB Racing 39:46.40
3 有持 真人 神奈川県 Team ARI 42:28.35
男子ユース
1 柚木 伸元 三重県 Pro Ride 25:57.52
2 永野 昇海 神奈川県 イナーメ信濃山形 28:39.41
男子アドバンス
1 水谷 祐太 大阪府 シマノドリンキング 38:30.40
2 柴田 宗幸 京都府 京都MTB朝ライド 39:04.82
3 多端 亮 大阪府 DECOJA RACING TEAM 39:44.09
男子チャレンジ
1 荒関 徹 北海道 BOBBISH TBR 29:59.04
2 伊藤 政利 三重県 HALO-TADO 30:25.19
3 榊原 真二 愛知県 TeamまるいちMTB 31:29.51

大会名: Coupe du Japon 京都ゆぶねStage CJ-2
開催日: 2018/09/22-23
カテゴリー:MTB XCO
開催地: 京都府和束町 ゆぶねMTBランド

■リザルト

20180923kyoto_resulte - 519.04 kB - (82 hits)

■リザルト/ランキングのページ
http://mtb-l.jp/results/results2018/

Categories: 新着情報 Tags:

Coupe du Japon ウイングヒルズ白鳥大会 9月16日速報

9月 16th, 2018
主な競技結果は以下の通り
ダウンヒル競技
男子エリート
1 永田 隼也 神奈川県 KONA RACING TEAM 3:15.227
2 井本 はじめ 兵庫県 Sram/Santacruz 3:18.069
3 浅野 善亮 愛知県 TEAM GIANT 3:20.701
女子エリート
1 吉川 千香子 愛知県 重力技研/DKMC 4:34.387
2 岩崎 美智恵 神奈川県 TRIPCYCLE GLOBAL RACING 5:06.369
3 中川 瑶子 大阪府 FLOWY 5:10.492
男子マスターズ
1 ギルズナン ポール 千葉県 Nukeproof 3:44.939
2 望月 克彦 静岡県 MARSH/Body Architect 3:47.920
3 大野 良平 岐阜県 KYB含み損 3:48.622
男子ユース
1 古城 栄翔 広島県 COMMENCAL 3:43.322
2 羽口 鉄馬 京都府 アールズサイクル 3:53.811
3 畑本 光毅 京都府 アールズサイクル 4:21.125
男子アドバンス
1 笠井 崇平 愛知県 カトーサイクル 3:48.096
2 江下 健太郎 福岡県 じてんしゃPitプロ 埼玉日高 4:03.349
3 長縄 亮磨 愛知県 カトーサイクル 4:04.736
男子チャレンジ
1 成岡 勇気 静岡県 TEAM NARO 3:56.051
2 藤井 敏彦 大阪府 TEAM RINGOROAD 4:05.649
3 澤田 啓弘 大阪府 TEAM RINGOROAD 4:28.583
女子チャレンジ
1 仲上 和花 京都府 ThinkRacingTeam 10:36.376
テクニカルデータ

コース長 2.5km スタート標高 1,241m フィニッシュ標高 875m

大会名: Coupe du Japon ウイングヒルズ白鳥大会
開催日: 2018/09/15-16
カテゴリー:MTB DHI
開催地:  岐阜県郡上市 ウイングヒルズ白鳥リゾート

DHI_Wing_180916.pdf - 1.75 MB - (74 hits)
Categories: 新着情報 Tags:

2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS

9月 10th, 2018
1.大会名:2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS
2.開催日程:2018年9月5日(水)~9月9日(日)
3. 派遣日程:2018年9月3日(月)~9月11日(火)

大会最終日となる9日はDHI男子ジュニア、DHI男子エリートの決勝が行われた。
快晴で風もない気持ちいい天気の中レースは行われた。
男子ジュニアの山田は、予選で5回転倒する中ギリギリの予選通過であった為、決勝に備えて転倒したポイントの攻略とエリート選手からのアドバイスを参考にしてレースを迎えた。
決勝は難しいポイントも含め転倒することなくしっかりと走り切り一時は10位だったが、予選上位陣は素晴らしい走りをし、50位となった。

男子エリートの清水も決勝までの試走でコース攻略が進みいい状況でベストタイムを狙ってスタートしたが、中盤手前でスピードオーバーによりパンクしてそのまま落車してしまい、ホイール破損と変速機がもげるトラブルで残念ながらDNFと残念な結果となった。

合宿も行いしっかりと準備をしてきたが、結果を残す事が出来なかったのは残念であるが特にジュニアとU23カテゴリーにおいては今後に向けてとてもいい経験となった大会であった。
国内はもとよりアジア地域よりも、特にヨーロッパ地域でのレースはコースと戦略、走り方において大きな違いがある現状の中、自分たちの置かれているポジションと今後戦うために必要なことをチーム全体で活動していく必要を強く感じる大会でした。

日本からの沢山のご声援ありがとうございました。

DHI男子ジュニア
1位 EDWARDS Kade イギリス  3:03.225
2位 A’HERN Kye オーストラリア  3:07.635
3位 JAMIESON Elliot カナダ   3:08.663
50位 山田淳一 日本 3:33.438

DHI男子エリート
1位 BRUNI Loic フランス 2:55.114
2位 MAES Martin ベルギー 2:55.327
3位 HART Danny イギリス 2:55.419
DNF 清水一輝 日本

監督 鈴木雷太
Categories: 新着情報 Tags:

2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS

9月 9th, 2018
1.大会名:2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS
2.   開催日程:2018年9月5日(水)~9月9日(日)
3.   派遣日程:2018年9月3日(月)~9月11日(火)

大会4日目となる9月8日はXCO男子エリートのレースが行われました。
朝からこちらに来て一番の快晴でコースコンディションは最高の中で行われた。
日本からは山本幸平、平野星矢の2名がエントリー。レースはスタートループ1周+本コース7周の33.6kmで行われた。
山本幸平が4列目、平野は7列目ほどからスタート。スタート直後に集団右後方で落車があったが日本チームは問題なくレース始まった。山本は最初登りは落ち着いて集団の動きを見ながらポジション争いを行い森へ。集団が過密すぎて乗れない場所もある中1周目は52位の集団で通過。まずは集団で走りそこから抜け出すことを考えながらレースは進む大きなミスもなく抜きつ抜かれつのデッドヒートのままファイナルラップに。最後は目の前にアメリカ、カナダ2名と激しく競い合いをしラップタイムも地震で一番早いタイムをだして50位でゴール。平野は集団後方で森に入り2周目でリヤタイヤをパンクしピットで交換。ピットインで完全に単独そうになってしまい-4LAP79位で終了した。

山本の走りはラップタイム的にもスタート位置を前にできればもっと成績に直結できる走りで、今後のポイント加算がとても大切だと感じさせられるレースだった

XCOのレーススケジュールがすべて終わりました。高所開催として出国までに長い選手で2週間の高所順応に加え、直前の1週間会場での合宿で、高所循環はしっかりとできました。そんな中見えてきた課題として同年代同レベルとの競い合い、コース難易度に対しての事を近年大きな問題としてとらえてきたが、プラスしてダートでの集団走行への慣れと対応など、レースを行う人数と集団内でのポジション争いに負けずに前に行く強気な姿勢や自信などもまだまだ不足していることが浮き彫りになるレースとなった。日本国内は選手人口も少ないが、方法を変えていくことでまだまだ実力を発揮するために出来ること、世界的レベルで走る為の基本的な技量や姿勢など、来年に向けてナショナルチーム活動として行っていきたいと思います。ご声援ありがとうございました。

XCO男子エリート
1位 SCHURTER Nino スイス 1:29:21
2位 KERSCHBAUMER Gerhard イタリア 1:29:32
3位 van der POEL Mathieu オランダ 1:30:35
50位 山本幸平 日本 1:37:18
79位 平野星矢 日本  -4LAP

監督 鈴木雷太

Categories: 新着情報 Tags:

2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS

9月 8th, 2018
1. 大会名:2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS
2. 開催日程:2018年9月5日(水)~9月9日(日)
3. 派遣日程:2018年9月3日(月)~9月11日(火)

大会三日目9月7日はXCO 男子U23とDHI男子ジュニア、男子エリートのレースが行われました。
前夜から降り始めた雨の影響で、コースは岩と木の根でXCO、DHI共にコースはスリッピーな状況になった。
DHIは朝7時30分から試走が始まり各自路面とラインの最終チェックを行った。
2.2km標高差413mのコースはターンが多くアウトラインとインラインの選択や、比較的ワイドトラックが多い為スタンダードライン以外の最速ラインを見極めることがポイントとなった。
また今まではシーディングラン(出走順位決め)だったものから、今年からルールが変更になり男子ジュニアは60名、男子エリートは80名までの予選となったので、各国緊張感を持っての予選となった。
男子ジュニアには山田淳一が初参加。 雨は上がったものの濃霧にスリッピーな路面の中スタート。根っこなどで5回ほどスリップして落車もあり予選通過が危ぶまれたが4分16秒076の60位でギリギリではあったが予選通過となった。
男子エリートは清水一輝と九島勇気がエントリー。先に走り終えた山田にコース状況等を聞き情報共有を行ってからスタート地点に向かった。濃霧の中20分スケジュールが推す形でレースは行われた。九島は前半のセクションでミスをしてしまい膝を痛めて試走のようには走れず予選敗退となった。
清水一輝は細かいミスはあったもののイメージに近い形でゴールを迎え予選通過をし、日曜日の決勝に備える。

XCO 男子U23はスタートラップ+ 6周の29km。日本からは平林安里、北林力、小林勇輝の3名エントリー。コースは朝のマディ&スリッピーな状況から昼頃には路面も乾きだしドライでの開催となった。
日本人3名は中盤より後ろよりからスタート。W杯カナダとフランスの2大会で善戦した平林は中盤ほどでレースを行う。2周目に入り機材トラブルでピットで部品交換でストップし80番手ほどに後退。リスタートして順位をグングン上げていき始めた時に、今度はパンクをしてしまい再度ピットイン。ホイールを交換したが1周11分程度のコースで2度のピットインはダメージが大きく、90位で終了。北林力も集団後方でスタートするが集団内での走りがうまくできずに徐々に単独走になってしまい3周目からは完全に単独になってしまい86位。小林はスタート直後のハイペースと飽和した集団で単独落車をしてしまい、腹部を強打する落車でペースを上げられず92位となった。

日本にはないコースのハードさ、競争の激しさなど違いが大きいが世界の壁を感じてしまう結果となった。

DHI男子ジュニア 予選
1位 EDWARDS Kade イギリス   3:11.171
2位 BUTLER Patrick オーストラリア 3:19.373
3位 A’HERN Kye オーストラリア 3:21.085
60位 山田淳一  日本 4:16.076(予選通過)

DHI男子エリート予選
1位 MACDONALD Brook ニュージーランド 3:03:206
2位  VERGIER Loris フランス 3:03:815
3位 AUS FEARON Connor オーストラリア  3:04.987
45位 清水一輝 日本 3:21:663(予選通過)
84位 九島勇気 日本  3:30.585 (予選敗退)

XCO 男子U23
1位 HATHERLY Alan 南アフリカ 1:21:22
2位 BLEVINS  Christopher アメリカ 1:21:49
3位 NORDEMANN David オランダ 1:22:27
86位 北林力 日本 -3LAP
90位 平林安里 日本  -4LAP
92位 小林勇輝 日本  -5LAP

監督 鈴木雷太

Categories: 新着情報 Tags: