新着情報

TOJ日本ナショナルチームレースレポート

24. May 2015

5位でフィニッシュする黒枝咲哉(勝者の右)第7ステージ 東京ステージ 112.7km
最終日のフラットな東京ステージでは例年個人総合成績の変動は無く、今年も集団スプリントゴールの展開が予測される。チームは黒枝のゴールスプリントに備えながら、面手と徳田は逃げの展開へ参加することを課題とした。レースは序盤から逃げを試みるアタックが繰り返され面手と徳田が交互に反応するが、飛び出しを成功させた7名の先行グループには乗れず、その後は集団で黒枝のアシストに回る。先行グループも人数が減りながらラスト20㎞程で集団に吸収され各チームともゴールスプリントの準備が始まる。黒枝はゴール前多発する落車を回避しながらスプリント力を生かし5位でゴールしUCIポイントを獲得した。勝ったのはランプレ・メリダのボニファッツィオ。1週間のツアー・オブ・ジャパンは終了した。今回の日本ナショナルチームはU23メンバーと言え、厳しいステージを戦えるレベルになかった。日本人選手全体としても海外勢に封じ込まれた印象が強く、UCIアジアツアーランキングでは日本が上位に付ける半面、国内最大のステージレースを戦った結果としては、日本人の存在感は過去最低であった。国際レベルのレースで戦う為には、日本チームが増えれば良いというものではなく、現状各チームに分散する日本人戦力を束ねて戦う必要があると思う。(浅田 顕)
Mehr…

Categories: 新着情報 Tags:

TOJ日本ナショナルチームレースレポート

23. May 2015

6ST_163第6ステージ 修善寺ステージ 122㎞
ツアー・オブ・ジャパンの中で最も厳しいステージで、昨年は多くの脱落失格者を出した。レースは総合上位選手を有するイランチーム勢を中心にコントロール。チームからは徳田がスタートアタックを試みたが、すぐに集団のペースに揉み消されてしまう。その後は抜け出したトップグループが1分以内のタイム差で8~10名程の人数で増減しながら後半へ進んだ。終盤には逃げも捕まり新たに抜け出したコンティー(ランプレ・メリダ)がステージを制した。チームでは面手、徳田、黒枝が完走し、小橋は途中棄権となった。日本勢では増田成幸(宇都宮ブリッツェン)が総合成績を少し上昇させたがポイント圏内の12位には届かなかった。一方逃げの展開ではエリートカテゴリー2年目の寺崎武郎(ブリヂストン・アンカー)が終始攻撃に加わり大きな成長を見せた。
Mehr…

Categories: 新着情報 Tags:

TOJ日本ナショナルチームレースレポート

22. May 2015

徳田第5ステージ 富士山ステージ11.4㎞
11.4㎞の富士山ヒルクライムは個人総合成績争において最重要なステージ。個人総合に絡んでいない日本ナショナルチームの4名はそれぞれの走りでベストを尽くす。レースは序盤からイラン勢が主導権を握りペースを作りゴールでも大会新記録を更新し上位を独占した。優勝は普段アシスト仕事の多いエマミ(イラン/ピシュガマン)。ヒルクライムを得意とする徳田優は中盤からペースを上げ追い上げたが、トップから6分36秒遅れ43位でのゴールとなった。日本人選手は全体的にタイムと順位が伸びず、事実上個人総合争いから脱落してしまった。(浅田 顕)

Mehr…

Categories: 新着情報 Tags:

MTBナショナル・ランキング クロスカントリー(2015/05/22/チームランキング追加)

22. May 2015

Coupe du Japon 八幡浜国際クロスカントリー(CJ-U)開催を受けてクロスカントーのナショナル・ランキングを掲載します。
男子エリート:平野星矢(長野/Bridgestone Anchor)、
女子エリート:末政実緒(兵庫/SRAM/LITEC)がそれぞれトップとなっています。
次大会は、5月29-31日開催のCoupe du Japon 富士見パノラマ大会(長野県富
士見町 CJ-1)となります。



ランキングに関するお問合せはこちら mtb@jcf.or.jp

Categories: 新着情報 Tags:

TOJ日本ナショナルチームレースレポート

21. May 2015

徳田第4ステージ 飯田ステージ123.6km
個人総合成績に重要な山岳ステージのひとつ。チームは徳田優の先頭集団ゴールと、面手、秋田、松本の3選手には逃げグループに参加する事を課題とした。レース各チームの逃げ狙いの選手らによるアタックで序盤からペースが上がり、懸命に展開に参加した面手、秋田、そして小橋と松本もメイングループから遅れてしまう。徳田と黒枝はメイングループに残り待機するが、中盤のペースアップで分裂したそれぞれのグループに取り残され徳田が約9分遅れ、今日は温存の日ながら、要所で徳田をサポートした黒枝が18分遅れのグループでゴール、序盤から最終グループで走った小橋、面手も20分以上遅れてのゴールとなった。また、秋田と松本はグループに復帰できず途中棄権となってしまった。途中に様々な展開があったがレース先頭は結局、総合リーダーを42秒ほど置き去りにした形で個人総合上位メンバーによる25名程のスプリントで決着となり、日本人選手としては、土井雪広(TEAM UKYO)、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)、中根英登(愛三工業レーシング)の3名のみが残った。

Mehr…

Categories: 新着情報 Tags:

MTBナショナル・ランキング クロスカントリー(2015/05/21)

21. May 2015

Coupe du Japon 八幡浜国際クロスカントリー(CJ-U)開催を受けてクロスカントーのナショナル・ランキングを掲載します。
男子エリート:平野星矢(長野/Bridgestone Anchor)、
女子エリート:末政実緒(兵庫/SRAM/LITEC)がそれぞれトップとなっています。
次大会は、5月29-31日開催のCoupe du Japon 富士見パノラマ大会(長野県富士見町 CJ-1)となります。


ランキングに関するお問合せはこちら mtb@jcf.or.jp

Categories: 新着情報 Tags:

TOJ日本ナショナルチームレースレポート

20. May 2015

162第3ステージ 美濃ステージ134.9km
美濃ステージは比較的平坦な20㎞の周回コースで集団スプリントになる事が多く、チームも昨年ステージ9位の黒枝のスプリント勝負をメインに考えた。ただし単にスプリントに備えるだけではなく、途中の展開では逃げに乗る事も課題とした。レースはスタートから2名の逃げ(間もなく1名が脱落)を一定のタイム差で集団が許す単調な展開でゴールまで進んだ。ラスト1周からアタックの展開も始まりペースが上がるが、レースは大集団スプリントとなる。チームはそれぞれの役割分担で黒枝へのサポートを試みるが、予定通りには連携出来ずゴール前単独での動きを強いられた黒枝は8位でのゴールとなった。(浅田 顕)
Mehr…

Categories: 新着情報 Tags:

全プロ トラック photo

19. May 2015
Categories: 新着情報 Tags:

TOJ日本ナショナルチームレースレポート

19. May 2015

秋田 拓磨第2ステージ いなべステージ 130.7km
第2ステージは初めて開催される三重県いなべステージ。パンチの利いた短い急坂を含む1周約15㎞の周回コース。レースは序盤にペースアップがあるもののラスト30㎞までは大きな動きが無いまま終盤を見かえた。8周する中ラスト2周の急坂でペースが上がり集団は複数に分裂した後、前でまとまった14人が先行しゴールへ向かう。最後は14人に2名送り込んだスカイダイブからシュティウイが単独で飛び出しゴール。日本ナショナルチームのメンバーは序盤のレース展開に参加したものの、トップから55秒遅れの後続グループ以下でのゴールとなった。いなべのコースは国際レースに相応しい本格的なものであったが、今日は重要な14人の先頭グループに日本人選手が一人も残れなかったことは非常に残念であり、現在の日本人選手の状態を表している。(浅田 顕)
Mehr…

Categories: 新着情報 Tags:

2015トラック オーストラリア国際大会 日本代表選手団

19. May 2015

派遣大会:メルボルンカップ&インターナショナルトラックシリーズ(アデレード)
派遣期間:2015年5月20日(水)~6月2日(火)
開催場所:オーストラリア・メルボルン&アデレード
Mehr…