日本自転車競技連盟

新着情報

2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS

9月 8th, 2018
1. 大会名:2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS
2. 開催日程:2018年9月5日(水)~9月9日(日)
3. 派遣日程:2018年9月3日(月)~9月11日(火)

大会三日目9月7日はXCO 男子U23とDHI男子ジュニア、男子エリートのレースが行われました。
前夜から降り始めた雨の影響で、コースは岩と木の根でXCO、DHI共にコースはスリッピーな状況になった。
DHIは朝7時30分から試走が始まり各自路面とラインの最終チェックを行った。
2.2km標高差413mのコースはターンが多くアウトラインとインラインの選択や、比較的ワイドトラックが多い為スタンダードライン以外の最速ラインを見極めることがポイントとなった。
また今まではシーディングラン(出走順位決め)だったものから、今年からルールが変更になり男子ジュニアは60名、男子エリートは80名までの予選となったので、各国緊張感を持っての予選となった。
男子ジュニアには山田淳一が初参加。 雨は上がったものの濃霧にスリッピーな路面の中スタート。根っこなどで5回ほどスリップして落車もあり予選通過が危ぶまれたが4分16秒076の60位でギリギリではあったが予選通過となった。
男子エリートは清水一輝と九島勇気がエントリー。先に走り終えた山田にコース状況等を聞き情報共有を行ってからスタート地点に向かった。濃霧の中20分スケジュールが推す形でレースは行われた。九島は前半のセクションでミスをしてしまい膝を痛めて試走のようには走れず予選敗退となった。
清水一輝は細かいミスはあったもののイメージに近い形でゴールを迎え予選通過をし、日曜日の決勝に備える。

XCO 男子U23はスタートラップ+ 6周の29km。日本からは平林安里、北林力、小林勇輝の3名エントリー。コースは朝のマディ&スリッピーな状況から昼頃には路面も乾きだしドライでの開催となった。
日本人3名は中盤より後ろよりからスタート。W杯カナダとフランスの2大会で善戦した平林は中盤ほどでレースを行う。2周目に入り機材トラブルでピットで部品交換でストップし80番手ほどに後退。リスタートして順位をグングン上げていき始めた時に、今度はパンクをしてしまい再度ピットイン。ホイールを交換したが1周11分程度のコースで2度のピットインはダメージが大きく、90位で終了。北林力も集団後方でスタートするが集団内での走りがうまくできずに徐々に単独走になってしまい3周目からは完全に単独になってしまい86位。小林はスタート直後のハイペースと飽和した集団で単独落車をしてしまい、腹部を強打する落車でペースを上げられず92位となった。

日本にはないコースのハードさ、競争の激しさなど違いが大きいが世界の壁を感じてしまう結果となった。

DHI男子ジュニア 予選
1位 EDWARDS Kade イギリス   3:11.171
2位 BUTLER Patrick オーストラリア 3:19.373
3位 A’HERN Kye オーストラリア 3:21.085
60位 山田淳一  日本 4:16.076(予選通過)

DHI男子エリート予選
1位 MACDONALD Brook ニュージーランド 3:03:206
2位  VERGIER Loris フランス 3:03:815
3位 AUS FEARON Connor オーストラリア  3:04.987
45位 清水一輝 日本 3:21:663(予選通過)
84位 九島勇気 日本  3:30.585 (予選敗退)

XCO 男子U23
1位 HATHERLY Alan 南アフリカ 1:21:22
2位 BLEVINS  Christopher アメリカ 1:21:49
3位 NORDEMANN David オランダ 1:22:27
86位 北林力 日本 -3LAP
90位 平林安里 日本  -4LAP
92位 小林勇輝 日本  -5LAP

監督 鈴木雷太

Categories: 新着情報 Tags:

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)選手選考基準について

9月 7th, 2018

ロードレース、マウンテンバイク、BMXレース/フリースタイル種目において、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)の選手選考基準を次の通り決定いたしました。

◼選手選考基準
【ロードレース】
【MTB】
【BMXレース】
【BMXフリースタイル】
トラック種目選手選考基準に関しては決定次第掲載させていただきます。
※この発表は表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

◼第32回オリンピック競技大会(2020/東京)参加資格配分について
QUALIFICATION SYSTEM – GAMES OF THE XXXII OLYMPIAD – Tokyo 2020

◼選手選考基準に関するお問い合わせ
公益財団法人日本自転車競技連盟 選手強化部
Email:hpd@jcf.or.jp

Categories: 新着情報 Tags: , , ,

2018全日本トラック 明日開幕!

9月 7th, 2018
トラック競技の日本一をあらそう「第87回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース」「2018日本パラサイクリング選手権トラック大会」が今週末の9/8-9(土-日)、静岡県・伊豆ベロドロームで開催されます。
2017-2018シーズン・ワールドカップ以降、躍進を見せる日本のトラック選手たち。先のアジア大会では金メダル2個を含む、合計9個のメダルを獲得しました。
アジア大会代表選手のみならず、パラサイクリングの世界チャンピオンなど150名の選手がエントリー。2018年の全日本チャンピオンを決める熱戦を是非ご観戦ください!

■競技情報
JCF HP・TRACKカレンダーページ (大会情報全般)

■Live配信情報
Cycle*2018 第87回全日本自転車競技選手権大会 トラックレース
J SPORTSオンデマンドにてLIVE中継が予定されております
詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.jsports.co.jp/cycle/japan/

予定時刻
9/8(土) 12:20~競技終了まで
9/9(日) 12:50~競技終了まで
Categories: 新着情報 Tags:

2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS

9月 7th, 2018
1.大会名:2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS
2.開催日程:2018年9月5日(水)~9月9日(日)
3. 派遣日程:2018年9月3日(月)~9月11日(火)

大会二日目の9月6日はXCO男女ジュニアのレースが行われました。

2日前から天気が安定し完全ドライのコースコンディションは素晴らしく走りやすい状況でしたが、それに伴い速度も上がりラインも変わる場所もあり、公式トレーニング時間が少ない中でどれだけ色々なラインを攻略できているかもポイントとなった。
またヨーロッパレースでの開催で男子は110名、女子54名とエントリーが多い中、スタート直後からコースはとても狭くスタート位置が最も重要となるレース。昨年から続けてきたナショナルチームでの海外遠征で得たポイントで、男子村上功太郎が10番手2列目スタート、川口うららが6番手1列目スタートと、絶好のポジションからスタートとなった。
女子ジュニアは14時からショートコース1周+本コース4周の20.6kmで行われた。日本チームは川口うらら、小林あか里、松本璃奈の3名がエントリー。フロントロー最右端からスタートした川口だったが最初の登りでハイペースのスピードに対応できずに後退してしまい集団に飲み込まれた形でシングルトラックに入り集団中盤に埋もれてしまった。その後はペースを上げられないまま35位に終わった。
初参加となる小林はスタートからいい滑り出しを見せ、集団内で着実に前の選手を抜いていき徐々に順位を上げ17位でゴール。
松本は難しいセクションに不安もあったがスタートが後方だったことと、集団では難易度の高いAラインをあきらめ試走時からBラインを選択することでスムーズに走る事が出来て38位でゴールした。
男子ジュニアは16時30分からショートコース1周+本コース5周の24.8kmで行われた。スタート30分前ほどから大粒の雨が降り出し、森の中はドライだが、木の切れ間や牧草地は滑りやすい状況となった。日本チームは村上功太郎、神永真一、藤木雄大がエントリー。2列目スタートの村上のダッシュに期待がかかったが最初のポジション争いで若干遅れて前半の森の中は混雑してバイクに乗れないセクションもありリズムを崩していた。レース中播で前輪をパンクしてしまい、ピットまでランで走るなどで順位を一気に落としてしまい-3周の98位。神永は得意のバランス感覚を生かし木の根セクションも淡々とこなしていたが、中盤で集団がばらけだしたときに単独走になってしまいペースを上げられずに-1周の59位。初出場の藤木はほぼ最後尾からのスタートだったが集団後方に食らいつく形でレースを進めた。しかしフィードゾーンで他国の選手と接触してしまい激しく落車。またその影響でバイクも壊してしまいピットで修復。もう一度走り出したが落車とピットでの停止時間が長く-3周95位でレースを終えた。

この大会に向けて春先より遠征を続けて経験を積んできたが、難しいコースや位置取りの難しさや層の厚いヨーロッパでの経験不足がもろに出る結果となった。
今日のレースが今後のレースにつながるように、しっかりと課題をもってこれから日々の鍛錬に生かしていきたいと思います。明日はXCO男子U23に平林安里、北林力、小林勇輝の3名、DHI男子ジュニア予選に山田淳一、男子エリートに清水一輝、九島勇気が出場します。
ご声援ありがとうございました。

XCO 女子ジュニア
1位 STIGGER Laura オーストリア  1:09:46
2位 SASKOVA Tereza チェコ  1:12:49
3位 HARNDEN Harriet イギリス 1:13:23
17位 小林あか里 日本  1:18:57
35位 川口うらら 日本  1:22:34
38位 松本璃奈 日本   1:23:24
XCO 男子ジュニア
1位 BALMER Alexandre  スイス  1:13:45
2位  KAISER Leon Reinhard ドイツ 1:13:47
3位  AZZARO Mathis フランス 1:14:58
59位  神永真一 -1LAP
95位 藤木雄大 -3LAP
98位 村上功太郎 -3LAP

監督 鈴木雷太
Categories: 新着情報 Tags:

ヴォルタ・ア・ヴァレンシア(スペイン)レースレポート

9月 7th, 2018
ヴォルタ・ア・ヴァレンシア(スペイン国内全国級レース)
場所:スペイン・ヴァレンシア州
期間:9月6日~9日 全4ステージ

日本代表チーム:石原悠希、山本大喜、松田祥位、渡辺歩、大前翔、大町健斗、蠣崎優仁

第1ステージ 132㎞
1 GARCIA Francisco(スペイン/GSPORT-WOLFBIKE) 02h53m46s
2 MORA Sebastian(スペイン/GSPORT-WOLFBIKE)+0s
3 SUREDA Jaume(スペイン/CAJA RURAL-SEGUROS RGA)+0s
…5大前翔、28渡辺歩、31松田祥位、44石原悠希、54大町健斗、124蠣崎優仁+0s、128鵜山本大喜+2m01s

143人完走/145人出走

コメント
3級山岳はあるがフラットステージに位置付けられる第1ステージは集団スプリントになる可能性があるがチーム全員が逃げの展開を作ることを希望しスタートした。序盤から風を利用したアタックとペースアップが続いた後に山本、石原、蠣崎の3名を含む5名が逃げグループを形成、蠣崎がスプリントポイント、山本が山岳ポイントをそれぞれ1位通過した後に5名が加わり10名のグループが先行、その10名は一度集団に吸収されるが次の展開で7名が先行、このグループにも山本が参加しステージ優勝に向けてゴールを目指す。ゴール前10㎞を切ると7名は分解し、最後まで粘った山本もラスト3㎞で集団に吸収され集団スプリントとなる。チームは連携し大前でスプリント勝負しステージ5位で初日を終えた。明日の第2ステージは厳しい山岳ステージとなるがワンデーレースのつもりで上位を目指す。/浅田 顕
Categories: 新着情報 Tags:

2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS

9月 6th, 2018
1.大会名:2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS
2.開催日程:2018年9月5日(水)~9月9日(日)

3. 派遣日程:2018年9月3日(月)~9月11日(火)

大会初日となる5日はXCR(チームリレー)が行われた。コースは4.2km標高差188mのコースで、標高が高いこととコースの多くが木の根がせり出していて、オフキャンバーという日本にはない設定。第一ライダーは山本幸平(男子エリート/全日本チャンピオン)、第二ライダー平林安里(男子U23/全日本チャンピオン)、第三ライダー村上功太郎(男子ジュニア/全日本チャンピオン)、第四ライダー川口うらら(女子ジュニア/アジアチャンピオン)、アンカーに小林あか里(女子ジュニア/全日本チャンピオン)のベストメンバーでエントリー。昨年の結果は16位であったが、途中11位での順位を走行したこともあり、10位以内を目標にスタート。
第一ライダーは山本幸平。スタートダッシュもばっちりと決まり、ヨーロッパの強豪が揃う中で先頭集団で走り、9位で第二ライダー平林安里に。トルクあふれる走りポジションをキープし、10位で第三ライダー村上功太郎へ。スタートから飛ばしていき一気にジャンプアップして5位まで浮上した。第四ライダー川口うららは、他国は女子エリートや女子U23を起用する国が多い中、上手くまとめて走ったが14位までポジションは下がってしまった。最終アンカーに小林あか里 。難しいコースも直前までの試走で克服しきっちり走り切り19位でゴールとなった。途中経過ではあるが一時は5位まで順位を上げることができたのは、高所循環合宿を行った結果と、日本ナショナルチームのレベルアップといえる。しかしカテゴリー違いで5名エントリーというXCRならではの国別競技力という意味において、今までで一番走力もありレベルアップを数字で表せたともいえるが同時にレベルの底上げは今後より一層強化していく必要があると感じられる結果となった。

明日はXCO男女ジュニアのレースになります。ご声援よろしくお願いいたします。

1SWITZERLAND 21.000 km/h 1:00:00
2 GERMANY 20.924 km/h 1:00:13
3 DENMARK 20.804 km/h 1:00:34
19 JAPAN 18.839 km/h 1:06:53

監督 鈴木雷太
Categories: 新着情報 Tags:

UCI JUNIOR NATIONS CUP 2018 Tour de DMZ stage5

9月 5th, 2018

Stage5

最終ステージとなるstage5は30km地点にKOMの登りがあるが集団が分断されるような勾配と距離ではなく、またそこからゴールまでは下りと平坦コースのため、日本チームは馬越の個人総合5位を守りながら、ゴールスプリントで日野、福田によるステージ優勝を狙った。

スタートからアタックが続くが、危険な逃げには常に日本チームで対応していく。KOM手前で香山が落車をするが下りと平坦で15kmかけて集団復帰する。レース後半はどのチームも動かず集団スプリントの展開となる。カザフスタンのコントロールから小野寺、馬越、福田、日野の列車でラスト2kmを通過し、小野寺がラスト1kmまでの緩い登りを牽引したあと馬越が緩い下りを牽き続け福田、日野に託す。ゴールはstage2を制したオランダのRUSDUCK Nathanが制し、福田が2位、日野が3位となった。

馬越は個人総合順位で同タイムに4人がいる混戦の中で、ゴール前で福田と日野を強力に牽引した後に落車してしまい同タイムゴール扱いながら個人総合順位を1つ落として6位となった。

今回の韓国ネイションズカップは平坦コースが3ステージと登りコースが2ステージある中で、ステージ優勝こそならなかったが5日間全体としてチームとして良い動きをみせ、選手はチームで勝つためにまとまって動くことの重要性、そして有効性を理解できた。次のジュニア遠征はオーストリアでの世界選手権となるが、今回の遠征で課題となった登坂が厳しいコースとなる。世界選手権までの3週間で今のコンディションをさらに上げて上位を狙う。

Stage5 結果
1 RUSDUCK Nathan(オランダ Willebrord Will Vooruit)1時間45分06秒
2福田圭晃(日本) 同タイム
3日野泰静(日本) 同タイム
21小野寺慶(日本)同タイム
51香山飛龍(日本) 同タイム
54 湯浅博貴(日本) 同タイム
76馬越裕之 同タイム

Stage5 個人総合成績
1 BRUSSENSKIY Gleb (カザフスタン)11時間22分49秒
2 PRONSKIY Daniil (カザフスタン)8秒差
3FEDOROV Yevgeniy(カザフスタン) 37秒差
6馬越裕之(日本) 1分24秒差
10小野寺慶(日本)2分8秒差
22湯浅博貴(日本) 5分9秒差
29福田圭晃(日本)8分34秒差
31日野泰静(日本)8分38秒差
40香山飛龍(日本)8分46秒差

JCF強化コーチ 柿木孝之

Categories: 新着情報 Tags:

松田祥位がステージ優勝!ヴエルタ・ア・カンタブリア(スペイン)第3ステージ

9月 5th, 2018

松田祥位がステージ優勝!
ヴエルタ・ア・カンタブリア 第3ステージ 149.8㎞

レース結果
1 松田祥位(ジャパンU23ナショナルチーム)3h29m04s
2 GONZALEZ Oscar(スペイン/SUPERMERCADOS FROIZ)+0s
3 VIEJO Jose Daniel(スペイン/CIUDAD DE OVIEDO-TARTIERE)+17
…8大前翔、13石原悠希+17s、40蠣崎優仁+1m25s、64渡辺歩+4m01s
完走85人/出走140人

最終個人総合成績
1 GONZALEZ Oscar(スペイン/SUPERMERCADOS FROIZ)7h02m18s
2 ANGULO Antonio(スペイン/RIAS BAIXAS)+5s
3 CEPEDA, Jefferson(エクアドル/CAJA RURAL-SEGUROS RGA)+8s
…38石原悠希+3m01s、48松田祥位+5m26s、66大前翔+10m28s、69蠣崎優仁+11m42s、84渡辺歩+21m22s

コメント
最終ステージで松田祥位がチームの連携を生かし重要な逃げに乗り見事ステージ優勝を果たした。3級山岳を4つ越えるコースに備え、チームは連携してすべての登り区間を上位でクリアすることに動きを絞った。レースはリーダーチームに対しての攻撃が激しい中、小グループの逃げを2分差まで許すが終盤には吸収。その後出来た個人総合成績逆転に絡む重要な8名の逃げに松田を送り込み、最後の3級山岳では暫定リーダーと2人で飛び出し最後はゴールを制した。人数が絞られた後続集団でも大前が8位、石原が13位でゴールし、ステージのチーム賞を獲得した。この勢いを生かし明後日から始まるヴォルタ・ア・ヴァレンシアでも良いレースをして力を高めて行きたい。/浅田 顕

Categories: 新着情報 Tags:

2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS

9月 5th, 2018
1.大会名:2018 MOUNTAIN BIKE WORLD CHAMPIONSHIPS
2.開催日程:2018年9月5日(水)~9月9日(日)
3.  派遣日程:2018年9月3日(月)~9月11日(火)
4.  開催場所:スイス レンズハイデ
5.  派遣選手団:
〔監督〕
鈴木 雷太 (MTBヘッドコーチ)
〔メカニック〕
白井 三善 (強化支援スタッフ)
藤田 知高 (強化支援スタッフ)
〔スタッフ〕
軽部 修子 (強化支援スタッフ)
〔ドクター〕
金井 貴夫 (強化支援スタッフ)
〔選    手〕
クロスカントリー
男子エリート
山本 幸平(長 野 Dream Seeker)
平野 星矢(長 野 TEAMBRIDGESTONE Cycling)
男子U23
平林 安里(長 野 スペシャライズド レーシング ジャパン)
北林  力 (長 野 Dream Seeker)
小林 勇輝(長 野 イナーメ信濃山形)
男子ジュニア
村上功太郎 (愛 媛 愛媛県立松山工業高等学校)
神永 真一 (大 阪 大阪市立 都島工業高等学校)
藤木 雄大(滋 賀 長野県白馬高等学校)
女子ジュニア
川口 うらら (兵 庫 兵庫県立龍野高等学校)
小林 あか里 (長 野 長野県松本蟻ケ崎高等学校)
松本 璃奈(長 野 長野県茅野高等学校)
ダウンヒル
男子エリート
清水 一輝  (愛 知 株式会社H.L.N.A)
九島 勇気  (神奈川)
男子ジュニア
山田ルーカス淳一 (愛 知 愛知県立安城農林高等学校)

明日から世界選手権が始まります。大会初日はXCR(チームリレー)が17時30分(現地時間)に行われます。日本チームは山本幸平、平林安里、村上功太郎、川口うらら、小林あか里のベストメンバーで挑みます。ご声援よろしくお願いいたします。
監督 鈴木雷太
Categories: 新着情報 Tags:

UCI JUNIOR NATIONS CUP 2018 Tour de DMZ stage4

9月 4th, 2018

Stage4
第4ステージは114.5kmで、スタートと同時に1.5kmの登り、そして60km過ぎに4.5kmの勾配のあるKOMの登りが控え、その後もアップダウンが続く。ラスト10kmからは道幅の広い平坦の直線となり、鋭角コーナーを2か所曲がってゴールを迎える。

日野が20kmあたりの登りで抜け出しアメリカのエースVOLLMER ANDREWらと攻撃をしたが、カザフスタンが危険な逃げは逃さない。KOMの登り口から日本チームで集団前方にまとまり、良い位置で馬越、小野寺を送り出す。アメリカのVOLLMER ANDREW、カザフスタンのPRONSKIY Daniilのペースアップで人数が絞られ、KOMまで800mあたりで小野寺と馬越が遅れ始める。カザフスタン4名を含む7名でKOMを通過するが、昨年の経験のある小野寺は焦らず追走グループをまとめてその後の平坦、下り区間で合流し、また馬越も湯浅も復帰する。20名強の先頭集団にはカザフスタン4名、フランス2名、アメリカ3名で日本も3名残し、馬越、小野寺での個人総合上位のチャンスを狙う。ラスト15kmほどの短い登り区間でカザフスタンのPRONSKIY DaniilとBRUSSENSKIY Glebが抜け出し、それを追いかけて馬越が個人総合上位の選手らと6名で抜け出す。前の2名が強力でジワジワ差をつけられていく中で、馬越のグループからさらにカザフスタンのFEDOROV Yevgeniyが抜け出し、上位3名に与えられるボーナスタイムのチャンスを失う。スプリント力のある馬越であるがゴール前の2か所の鋭角コーナーで失速しステージ7位にとどまったものの、個人総合では7位から5位まで上げることに成功した。小野寺はラスト2kmあたりから2名で抜け出したがゴール直前で追いつかれてタイム差はつけられず個人総合で10位となった。

最終ステージとなるstage5はKOMの登りが1か所あるが勾配は緩く集団ゴールとなることが予想される。日本チームは馬越の個人総合5位を守りながら、日野、福田のスプリントでステージ優勝を狙う。

Stage4 結果
1 PRONSKIY Daniil (カザフスタン)2時間45分48秒
2 BRUSSENSKIY Gleb (カザフスタン)同タイム
3 FEDOROV Yevgeniy(カザフスタン) 39秒差
7馬越裕之(日本) 1分差
9小野寺慶(日本) 1分44秒差
19 湯浅博貴(日本) 同タイム
29日野泰静(日本) 5分21秒差
39香山飛龍(日本) 同タイム
47福田圭晃(日本) 同タイム

Stage4 個人総合成績
1 BRUSSENSKIY Gleb (カザフスタン) 9時間37分43秒
2 PRONSKIY Daniil (カザフスタン)8秒差
3FEDOROV Yevgeniy(カザフスタン) 37秒差
5馬越裕之(日本) 1分24秒差
10小野寺慶(日本)2分8秒差
23湯浅博貴(日本) 5分9秒差
31福田圭晃(日本) 8分40秒差
32日野泰静(日本)8分42秒差
41香山飛龍(日本)8分46秒差

JCF強化コーチ 柿木孝之

Categories: 新着情報 Tags: