日本自転車競技連盟

新着情報

2021-2022 JCXナショナルシリーズ 第1戦 「 ルノーつくばpresents茨城シクロクロス 取手ステージ」結果

10月 4th, 2021

シクロクロス2021-2022シーズンの開幕となるJCXシリーズ第1戦が10月3日(日曜日)、茨城県取手市小貝川リバーサイドパークで開催された。二日前の台風による雨の影響で発表されていたコースレイアウトの変更を余儀なくされた。好天による気温の上昇でセミマディコンディションとなり、午後に行われた男女エリートのレースではほとんどの選手がバイク交換することなく走り終えた。

女子エリートは14名がスタート。スタート直後、渡部 春雅(明治大学)、中島 瞳(弱虫ペダルサイクリングチーム)の10代の二人が先行、それを後方から追い上げてきたシクロクロス初挑戦の矢吹 優夏(B・B・Q)が単独で追う形でレースが進む。しかし中島が単独で転倒してしまった。中島は渡部を追うも差は思うように詰まることはなく、そのまま渡部が優勝。中島は2位、矢吹が3位となった。

男子エリートには81名がスタート、フロント・ローには2020年全日本チャンピオンの沢田 時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)、その沢田と全日本選手権で死闘を繰り広げ、昨シーズンのJCXチャンピオンの織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)、2017年の全日本チャンピオン小坂 光(宇都宮ブリッツェン)らが並んだ。

スタートラップこそ数名の先頭パックで展開されたが2周目突入時にはペースを上げた沢田と織田の二人が先行、それを小坂が単独で追う形になった。レース中盤、沢田が転倒しまい織田に先行を許してしまうと、織田と沢田の差はラップ毎に広がり25秒差で織田が同会場3連勝となった。2位には沢田、後方から猛チャージをかける斎藤 朋寛(RIDELIFE GIANT)を振り切った小坂が3位に入った。

このレースは10周回で行われ、完走者は18名だった。

主なレース結果は次の通り

男子エリート(10Laps) 1:03:39.960
1:織田 聖(弱虫ペダルサイクリングチーム) +00:25
2:沢田 時(TEAM BRIDGESTONE Cycling) +02:17
3:小坂 光(宇都宮ブリッツェン)

女子エリート(5Laps)
1:渡部 春雅(明治大学) 36:43.230
2:中島 瞳(弱虫ペダルサイクリングチーム) +00:17
3:矢吹 優夏(B・B・Q) +01:01

男子ジュニア(6Laps)
1:高橋 翔(cycleclub 3UP. ) 43:41.380
2:永野 昇海(イナーメ信濃山形)+02:37
3:大関 宙(会津学鳳高校) +03:07

男子マスターズ(6Laps)
1:石川 正道(Champion System Japan Test Team) 43:43.700
2:田崎 友康(Toyo Frame) +00:15
3:太田 好政(Rapha Cycling Club) +00:47

女子マスターズ
1:唐見 実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) 24:25.250
2:安藤 沙弥(SHIDO-WORKS) +00:54
3:青木 寿美恵(AX cyclocross team) +02:32

その他のリザルトはAJOCCホームページを参照してください。



Categories: 新着情報 Tags:

緊急事態宣言解除後の大会開催に向けたガイドラインについて(2021年9月5日改定)

9月 13th, 2021

 新型コロナウイルスの猛威は続く中ではありますが、2020東京オリンピック・パラリンピックが開催され、コロナウイルス蔓延下でも持続可能なスポーツイベントの開催への対応が求められる段階へと変化してきました。
 しかしながら、競技大会の開催に関しては、開催予定地域の実情(感染者数、医療機関の状況など)や大会の規模・性格を考慮して、大会主催者・主管者において慎重に判断頂くことに、これまでと変わりはありません。

 大会開催にあたっては、開催地の自治体や関係機関、団体の理解を得ながら、参加者の安全と感染拡大の再発防止対策を行うことが不可欠です。
 また、感染リスクを最小化する措置とともに、感染者が確認された場合にその規模を最小限に抑え、追跡可能なものとすることも求められます。
 これらを勘案し、日本自転車競技連盟では、スポーツ庁、日本スポーツ協会から発表されている、スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防ガイドライン、UCIが発表している種目ごとの競技会再開のプロトコル、さらには競技特性としてチームで活動することが多いことをふまえ感染リスク低減策として提唱されている「ステイ・ウィズ・ユア・コミュニティ」の考え方も考慮して、日本国内で開催される自転車競技大会の運営指針とするガイドラインを作成しました。

 このガイドラインは主催者・主管者に助言/提言を行うものであり、全ての項目が全ての大会に当てはまることを意味するものではなく、大会の開催地・規模・性格等に応じて適切に適用されるべきものです。


 このガイドラインは2021年9月5日時点でのものであり、感染状況や政府の対策方針などに基づき適宜更新の可能性があります。

 

●参考資料  ※逐次、更新される場合があることを御留意ください。

日本スポーツ協会 スポーツイベント再開に向けた感染拡大予防ガイドライン

ステイ・ウィズ・ユア・コミュニティ

UCI 競技会再開のプロトコル
Protocol for the resumption of Track cycling events in the context of the new coronavirus pandemic

Protocol for the organization of BMX Race and BMX Freestyle events in the context of the COVID-19 pandemic

コロナウイルスパンデミックに関連したロードシーズン再開にあたって守られるべき手順について

USA Cycling : RETURNING TO RIDING & RACING 5/17/2020
Cycling Australia「GUIDELINES FOR CONDUCTING EVENTS IN A COVID-19 ENVIRONMENT」(2020年5月版)

Categories: 新着情報 Tags: , , , , , , ,

【日本郵便より】TOKYO2020 メダリストフレーム切手(自転車競技 トラック 女子 オムニアム 梶原 悠未選手/販売期間 2021年09月14日まで)

8月 30th, 2021
Categories: 新着情報 Tags: , , , , , , ,

【JADAより】食肉汚染と利尿薬のコンタミネーションの可能性に対するWADA最低分析報告濃度の設定

8月 30th, 2021
Categories: 新着情報 Tags: , , , , , , ,

【JADAより】競技会場等で静脈内注入および/又は静脈注射を行う際の注意喚起

8月 24th, 2021
Categories: 新着情報 Tags: , , , , , , , , ,

新型コロナウイルス対策の為の事務局一時閉鎖に関するお知らせ

8月 23rd, 2021

 8月20日(金)日本自転車競技連盟が入居するビルにおいて、他の法人事業所職員が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。
 この為、日本自転車競技連盟事務局は関係者及び職員の安全確保を最優先に考え、8月24日(火)まで事務局を閉鎖いたします。
 関係者の皆様におかれましては、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

Categories: 新着情報 Tags: , , , , , , ,

2021-22公認大会、2022全日本選手権、申請ガイド

8月 16th, 2021

国内シクロクロス主催者向け、2022年全日本選手権 自転車競技 大会 シクロス、2021-2022JCF公認シクロクロス大会申請ガイドを公開し募集します。


 

Categories: 新着情報 Tags:

【JSCより】ドーピング通報窓口

7月 19th, 2021
Categories: 新着情報 Tags: , , , , , , , , ,

国内選手権者チャンピオンジャージのガイドラインについて

6月 27th, 2021

2021版JCF国内選手権者ジャージの使用に関するガイドラインを掲載しました。

Categories: 新着情報 Tags: , , , , , , ,

お知らせ:女性審判員(コミッセール)オンライン研修会 開催

6月 8th, 2021

女性審判員の皆さまを対象としたアンケートにいただいたご意見を参考に女性審判員(コミセール)オンライン研修会を下記の日程で実施することになりました。

第1回目 6月16日(水)19:30~21:30 (ディスカッション形式)講師:林辰夫氏

第2回目 6月17日(木)20:00~22:00 (トラック種目大会での基本的な執務内容)講師:松倉信裕氏

本日(6/8)女性審判員の皆様にはメールにてお送りしておりますので、ご確認ください。

上記の研修会への参加申込のご回答期限は、6月14日13時までです。よろしくお願いいたします。

Categories: 新着情報 Tags: , , , , , , ,